phone_in_talk 電話する
刺されると怖いスズメバチ・アシナガバチの駆除ならハチ駆除ナンバーワン
まかせて安心!!施工業者ならではの安心のハチ駆除
防除研究所はISO9001取得済み ハチ駆除No.1 駆除実績地域ナンバーワン ISO9001取得済み フリーコール0120-094-781 携帯・PHS OK 通話料無料 受付時間9:00〜21:30

横浜市保土ヶ谷区のハチ駆除状況

●住宅もマンションも商業施設もハチの巣駆除が多い保土ヶ谷区のハチ被害状況とは

神奈川県横浜市保土ヶ谷区は横浜市の真ん中に位置しており、JRの保土ヶ谷駅を中心に多くの商業施設や住宅街、マンションなどが立ち並ぶ区域です。人口が多ためハチ被害も多く、その被害内容は多種に富んでいるハチ被害要注意区域です。もともと神奈川県内全体が暖かい気候のため春先から秋にかけての長い期間スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチが活発になるので住宅や商店が多い保土ヶ谷区では蜂の巣駆除の依頼が多くなってしまうのです。実際我々ハチ駆除ナンバーワンも夏場になるとここ保土ヶ谷区の蜂の巣駆除に出動する回数が多くなります。

ハチ被害の例を挙げると、保土ヶ谷区の住宅の裏側にスズメバチが巣を作ってしまい、蜂の巣駆除をしてほしいというものでした。家の裏側で近くには塀がありとても狭い場所にスズメバチが巣を作っており、家の裏側ということもありあまり人の目が行き届いていなかったのかスズメバチの巣は直径30センチほどお大きさになっており危険な状態でした。このスズメバチの巣を放っておけば近隣の家にもスズメバチが行ってしまい被害を与えかねなかったのですぐに蜂の巣駆除に取り掛かり、近隣の方にも許可をもらいその日にスズメバチの巣の駆除は完了しました。

スズメバチは暖かい季節から飛び始め、8月になると勢力はピークに達します。そのあと10月の終わりぐらいまでは飛び続けているのでおよそ半年間はスズメバチの被害が起こる可能性があるのです。さらに、一度作られてしまったスズメバチの巣は冬の間はおとなしくなるのですが、暖かくなると再び活動を再開しどんどん巨大化してしまいます。スズメバチは巣の中にいる女王蜂が越冬するので蜂の巣駆除を行わない限りスズメバチの被害はなくならないのです。ハチの巣駆除は蜂の巣の存在に気づいたときに蜂の巣駆除のプロ業者に依頼をすることが一番です。ここ横浜市保土ヶ谷区内でハチの巣の存在に気づいたらまず我々ハチ駆除ナンバーワンにお電話ください。


大きな地図で見る

カテゴリー: 最新情報

テレビ出演情報

ハチ駆除No.1とは 本当に怖いハト被害 代表取締役社長 梅木 厚生
ハチ駆除NO.1は防除研究所が運営する害獣・害虫駆除サービスです、私たちは、害獣・害獣駆除のナンバーワンを目指すことはもちろん。お客様の生活環境の安全・安心を構築することを最大の喜びとして日々邁進しております。
ハチ駆除NO.1運営会社 防除研究所 代表取締役 梅木 厚生
どこにでも見かける身近な生き物である蜂ですが、人間にとってとても恐ろしい被害をもたらすことがあります。毎年何人もの方が蜂に刺されて亡くなっているニュースを聞きますが、この原因であるアナフィラキシーショックという症状はスズメバチだけではなくどのような種類の蜂でも起こる可能性があるのです。
安心の駆除実績 まかせて安心の料金体系 年間施工実績36,000件以上 2〜5年間の再発駆除保証
ハチ駆除NO.1の運営会社である防除研究所の害虫・害獣駆除の件数は年間36,000件を超えます。多くの害獣・害虫処理から得られた経験や実績は、必ずお客様のお役に立てると信じています。
 
防除研究所はISO9001取得済み